一般歯科|大阪府枚方市で歯医者をお探しの方は、京阪宮之阪駅から徒歩5分にある『河津歯科医院』にご相談ください

河津歯科医院
  • 0728403114
  • 診療時間 9:30~12:00 / 14:00~20:30
    休診日 土曜午後・日曜・祝日
    ※土曜の診療は午前中のみです(13:00まで)

一般歯科

痛みを軽減のために

痛いのは嫌だ!

歯科が苦手、麻酔注射による痛みが心配という方は多いと思います。痛みを怖がるのは、お子様も大人の患者様も同じです。しかし虫歯は自然に治ることはありません。放置してしまうとどんどん悪化してしまいます。そこで、当院では治療に伴う不安や恐怖を取り除きながら、できるだけ痛みを軽減するためのさまざまな工夫をしています。
緊張すると痛みを感じやすいので、当院ではなるべく声をかけながら、緊張をほぐしていただいてから麻酔などの治療を始めるようにしています。

麻酔注射の痛みを軽減

歯科の治療の中で、患者様がまず苦手とされているのが、麻酔注射の痛みです。そこで当院では、麻酔についても痛みが少なくなるようにさまざまな工夫を行っています。

まず、皮膚や粘膜表面の近くの感覚を麻痺させる表面麻酔を利用すると共に、超極細針を使用して注射を刺す時の痛みを少なくするようにしています。さらに注入速度を一定に保つことができる電動麻酔器を使用して、余計な圧力をかけずにゆっくりと薬を注入し、麻酔注射の痛みを軽減しています。

治療前には、患者様ご自身のレントゲン写真や口腔内写真を共にモニターで確認しながら、治療方針をご説明し、理解・納得していただいたうえで治療を進めていきます。

歯周病治療について

歯周病は歯と歯茎の間にたまる歯垢に含まれる細菌が主な原因といわれています。歯周病菌により歯ぐきが炎症を起こして腫れたりするだけでなく、骨まで溶けてしまうのです。そして、歯がグラグラになって抜け落ちてしまうのが歯周病です。

症状には大小さまざまなものがありますが、 最近では若い世代での疾患も増加傾向にあります。
この歯周病を予防するためには、毎日歯磨きを欠かさず行うことが大前提です。 歯周病も初期における自覚症状が少ないものなので、虫歯予防と同様に定期的な 歯科検診を受けて頂くことをおすすめします。

ペリオウェイブとは?

光殺菌(PDT)による最新の歯周病菌殺菌システムです。メチレンブルーを主成分としたバイオジェルで細菌を染色し、無熱の赤色光と化学反応させる事で活性酸素を発生させ細菌を死滅させます。インプラント周囲炎に対しても効果的で現在世界が注目している最先端の光殺菌技術です。

PDT療法について

PDT療法とはphoto dynamic therapyの略、日本語でいうところの光線力学的療法です。この療法は患部にレーザーを当てて細菌を破壊する療法です。歯科ではまだ新しくなじみのない治療法かもしれませんが、医科の分野では20年以上も前から癌・皮膚・眼科などで幅広く使用されていた医学的療法です。

PDT療法の仕組み

レーザーといっても高熱で痛みを伴うレーザーとは異なります。光を吸収すると化学反応を起こし活性酸素を大量に発生させます。その光となるレーザーを使う治療法なのです。つまり、細菌、腫瘍などに光感受性物質を含ませ、そこにレーザーを照射し、腫瘍・細菌のみを治療することが可能になるといった方法です。

歯科における利用 – ペリオウェイブ・システム

歯科では歯周病の治療としてペリオウェイブという手法が用いられます。

  • ・バイオジェル

    ペリオウェイブの治療にはまずメチレンブルーを主成分としたバイオジェルを光感受性物質として使用します。この染色液はリポ多糖類とリピドというグラム陰性菌・陽性菌のなかにある成分と結合するもので、なかでも歯周病の原因となるグラム陰性菌にいち早く取り込まれるものです。

  • ・ペリオウェイブのレーザー

    ペリオウェイブで用いられる非熱ダイオード・レーザーはメチレンブルーを主成分とするバイオジェルの周波数に反応します。

  • ・光感受性物質とレーザー光による化学反応により殺菌

    レーザーの発した光は染色液の周りにある酸素分子を細菌の細胞壁に対して毒性のある遊離基に変換させます。この遊離基が細菌を破壊します。このような化学反応によって歯周病の原因となる細菌が破壊され、歯周病の治療が完了するのです。

PDT治療の適応症
  • 抗菌療法が行えない患者様(妊婦、薬剤アレルギーのある方など)
  • 耐性菌を保有している患者様
  • 組織破壊が局所に限局している患者様
  • 腫れているが歯科治療に極度の恐怖心がある患者様

これらの方々の

  • 歯肉炎、歯周炎 (急性症状の症状緩和、歯周外科処置時の術前、術中、術後、定期検診時など)
  • 根管治療
  • インプラント周囲炎
  • ヘルペス、口内炎、カンジダ症 などの治療に使用します。
PDT治療の禁忌症
  • 無カタラーゼ症の方
  • 光感受性発作のある方
PDT治療に関する留意点
  • 多くの場合、急性症状は1~3回の処置で改善されます。
  • お口の状態によりますが、その有効性はおよそ1~3ヶ月ですので定期検診時の施術をお勧めします。
  • 尚、保険適応外の自費治療になります。詳細は一度お尋ねください。

当院での歯周病治療

Step1 お口の中を検査します

レントゲンを撮り、歯周ポケットの深さを測り、歯のぐらつきをチェックします。

Step2 スケーリング(歯石除去)

歯周病がひどい場合、抜歯をすることもありますが、軽度の場合、スケーリングで歯石除去を行います。

Step3 治療後のメインテナンス

定期的にメインテナンスを行い、口腔内の安定した状態を維持しましょう。
定期検診に通われることをおすすめします。基本的な歯周病の治療は、歯科衛生士に任せており、状態を医師と相談しながら治療を進めます。外科治療が必要な場合、医師が行います。

小児歯科について

お子様の乳歯が虫歯になった場合、「どうせ抜けるから」と放置される親御様もいらっしゃいますが、それは間違った考え方です。子どもの歯は永久歯の歯並びはもちろん、成長期の体の発育にも影響します。
しかし、お子様達にとって、歯の治療は怖かったり、痛かったりと不安になってしまう要素がたくさんあります。また、最初に嫌な思いをしてしまうと、その後も歯医者に対してマイナスのイメージを持ってしまいます。

当院では、嫌がるお子様に対して無理に治療を進めることはありません。ゆっくりと時間をかけながら、コミュニケーションを大切にした治療を行っています。

小児歯科メニュー

シーラント

歯ブラシが届きにくく、汚れがたまりやすい奥歯の溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさぎ、虫歯を予防します。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素化合物を塗布して、歯質を強くし、歯の再石灰化を促します。定期的にフッ素を塗ることで、虫歯菌の出す「酸」に強い歯をつくります。

歯磨き指導

お子様のお口の状態に合わせ、効率的に歯垢が取りのぞけるように、歯ブラシの選び方や持ち方、動かし方、仕上げみがきの方法などをくわしくアドバイスします。